> 菖蒲「小林八束1遺跡」見学会開催 H30年6月10日(日)
d0084783_22540570.jpg
(写真:「小林八束1遺跡」にて(遺跡の写真は許可を得て掲載しています。))

d0084783_22541801.jpg
(写真:発掘中の「小林八束1遺跡」(写真は許可を得て掲載しています。))

d0084783_22543330.jpg
(写真:「小林八束1遺跡」から出土した土偶(写真は許可を得て掲載しています。))

d0084783_22530601.jpg
(写真:久喜市菖蒲総合庁舎前で開催の「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」会場)


d0084783_22533657.jpg
(写真:久喜市菖蒲総合庁舎前で開催の「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」至近の「菖蒲城跡」あやめ園)

d0084783_22535314.jpg
                      (写真:「あやめ園」にて)

 先週は、所属する県議会産業労働企業委員会の視察や各団体の総会、催事、ご相談への対応などありました。

 そして、今日はいよいよ「小林八束1遺跡」の見学会(主催:公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団、共催:埼玉県教育委員会、久喜市教育委員会)が開催され、午前中に参加をしてきました。

 この遺跡は、埼玉県がかねてから進めている久喜市菖蒲町小林周辺の治水対策の一環として進めている「小林調節池」から発掘したものです。
 同調節池は、「県杉戸県土土木事務所」が管理していますが、遺跡に関しては法に基づいて「公益財団法人埼玉県埋蔵文化財調査事業団」が発掘、調査しています。

 今回の見学会では、今年1月に同所で見学会を開催した縄文時代の遺跡を中心に、ここから出土した土器や土偶など同事業団が特選したものを展示公開されました。

 菖蒲の約4000年前から約1700年前の遺跡です。ここで、人々が実際に生活をしていたと思うと心がワクワクします。

 本来は、遺跡の公開は調査が終了してから行うのが通例ですが、今回は隣接している「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」の開催に合わせ、埼玉県教育委員会と久喜市教育委員会のご理解で、その後に出土したものも含めて1日限りの見学会を特別に開催して頂きました。

 私が参加した午前中も大勢の皆様が見学会に参加していました。遺跡や出土品を見たり説明を聞いた方々からは感嘆の声が聞こえました。今後も同調節地の工事の進捗とともに、遺跡の発掘・公開が行われる予定です。また多くの皆様にご見学を頂ければ幸いです。

 また、「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」は、今月24日まで開催しています。期間中の土日は、音楽やダンスなどの催しや展示、ほか、イベンドも同時開催されます。(今後の予定は下に久喜市HPから転載。詳しくは市HPなどでご確認下さい。)
 埼玉一のラベンダーを誇る「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」に是非、お越しください。

イべントスケジュール

6月16日(土曜日)

  音楽の街・久喜市「街かどコンサート」      午前11時~正午
  しょうぶ・しみん吹奏楽団演奏           午後2時~午後3時

6月17日(日曜日)

   ポプリ教室                  午前10時~午後3時
   バレエ・ダンス教室スタジオYOU公園      午前11時~正午

6月23日(土曜日)

  音楽の街・久喜市「街かどコンサート」      午前11時~午前11時30分
  久喜北陽高校コーラス部合唱           午後1時~午後2時

6月24日(日曜日)

  久喜ベンチャーズ演奏              午前11時~正午
 


[PR]
by baribarist | 2018-06-10 23:36

埼玉県議会議員の「石川ただよし]が、埼玉県・久喜市のちょっとしたニュースとコメント、自身の日記を公開
by baribarist
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> ファン
> ブログジャンル