> 上田知事が「新久喜総合病院」を訪問 H29年8月30日(水)
d0084783_22313413.jpg
(写真:左から石川、柿沼市議会議長、田中市長、上田知事、蒲池会長、岡崎医院長、蒲池副委員長)

d0084783_22312066.jpg
d0084783_22310023.jpg
d0084783_22303862.jpg
d0084783_22295452.jpg
(写真上5枚:今日の「新久喜総合病院」での上田知事の「とことん訪問」で)

 今日は正午まで、八潮市議会議員選挙に5期目を目指して立候補している友人の応援。
 午後は、上田知事が「とことん訪問」で久喜市内の「新久喜総合病院(一般社団法人 巨樹の会)」(診療科目:24、病床数:300、職員数:788名)を訪問されたので、地元選出県議ということで、市長・市議会議長とともに同行しました。

 同病院は、前医療機関の施設を受け継ぎ昨年4月に久喜市内に開設した病院です。
 月平均500件ほどの救急搬入を受け入れいています。また、月平均で200件以上の手術をこなしています。

 今日の訪問は、知事の「「希望と安心の埼玉・活躍と成長の埼玉・うるおいと誇りの埼玉」を、全力で現実のものとしていきたい。そのため、県内をくまなく訪問し、どんな所へもとことん訪問し、とことん見学し、とことん話し合っていく。」という主旨で開催している「とことん訪問」として実現しました。
 今日は他に杉戸町と白岡市内を訪問しています。

 病院では、わざわざ福岡から蒲池真澄会長が説明に駆け付けて下さり、現場を見ながら岡崎医院長ほか職員とともに丁寧にご説明を頂きました。
 現場見学の後は、病院内の会議室で同会長から病院経営の現状や今後の地域医療の課題等について説明があり、続いて医院長・副委員長・看護師長・ほかの職員の皆さんとの意見交換がありました。

 意見交換会は短い時間でしたが、開設から約1年半後の新久喜総合病院の現状と課題・行政への期待について伺えた良い機会でした。


[PR]
by baribarist | 2017-08-30 23:35

埼玉県議会議員の「石川ただよし]が、埼玉県・久喜市のちょっとしたニュースとコメント、自身の日記を公開
by baribarist
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> ファン
> ブログジャンル