> 東口バリアフリー化工事完成、次は西口 H28年5月25日
d0084783_18504013.jpg

(写真:東鷲宮駅東西連絡地下道東口バリアフリー化工事完成記念式典で、テープカット。左から、石川、樋口県議会議員、田中久喜市長、井上久喜市議会議長、石川鷲宮地区コミュニティー協議会会長 撮影:久喜市議会議員 新井兼様)
 昨日は、久喜市内にあるJR東鷲宮駅東口で、東鷲宮駅東西連絡地下道東口バリアフリー化工事完成記念式典があり、来賓として出席しました。
 

 この地下道は、東鷲宮駅がこれまでの貨物専用駅から昭和57年に旅客用の駅になることに伴い、駅東西を結ぶ連絡道として同駅入口に隣接して設けられました。

 つくられた時に比べて、高齢化が進行していることからバリアフリー化が課題となっていました。
 また、JR宇都宮線上りホームと下りホームが、2階構造になっていることや地下道の安全上の理由などから駅を橋上化して東西の通路の設置を求める声もありましたが、市では総合的に判断し既設地下道のバリアフリー化を急ぎ、進めてきました。

 合併前の鷲宮町・町議会・住民の皆様で活発な議論があったことを承知しています。私も市議時代に住民の方などと意見交換などをしていましたが、今回の完成は、市や現在の鷲宮地区に住まわれている市議会議員を中心に住民の皆様の理解と協力によって完成されました。

 残るは、駅西口のバリアフリー化です。
 東西のバリアフリー化で、さらに地下道の利便性・安全性の向上を期待しています。
[PR]
by baribarist | 2016-05-25 18:53

埼玉県議会議員の「石川ただよし]が、埼玉県・久喜市のちょっとしたニュースとコメント、自身の日記を公開
by baribarist
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
> ファン
> ブログジャンル