> 千葉の議会、埼玉の議会、 H21年10月10日(土)
 今日は台風が過ぎて、秋晴れでしたね。

 今日は、千葉県内と埼玉県内の議会におじゃましました。

 千葉県は、本埜村です。
 この村では、議員が法律で認められた議会の招集請求権(議会を開くために議員を集める行為。法律で首長しかできない。議長は権限がない。)を行使して臨時議会を招集したにも関らず、村長がこれを無視していることで有名になったところです。
 
 今日は、9月議会の最終日でしたが、村長は臨時議会を招集しないまま定例議会を招集して、自身の不信任決議(村長としてふさわしくないという議決)が議決されました。

 これまで、全国市議会議長会など議会団体は、議長に議会の招集権を持たせるべきと主張してきまいたが、首長団体側などから反対意見が出され、結局は議会の招集ができるのは従前通り首長だけです。
 法律の改正で議員の4分の1以上から臨時議会の招集請求があった場合には、首長が議会を招集する義務を負うことにしましたが、残念ながらこれが無視される事例が発生しました。

 首長の議会招集権の再考が期待されます。ただ、議長に招集権があっても議長が招集をしなければそれまでの話しなので、同じようなことは発生しうることです。今後は、招集行為、これ自体についても議論が必要かも知れません。

 夜は、埼玉県のさいたま市議会が主催した「オープン議会」です。
 議場の議席などを開放して行われました。

 参加者は約100人くらい(関係者の話)ということで、64の議席と傍聴席に市民の皆さんが座りました。
 私も新聞報道で募集を知って申し込みましたので、座らせていただきました。

 初めに明治大学教授の牛山先生から議会制度の基礎的な講演を頂いた後、さいたま市議会で議会基本条例をまとめた、議会改革推進特別委員会の正副委員長から議会基本条例についての説明がありました。
 ここまでで、所用時間は約1時間。次に参加者からの質問と答弁で30分を費やして閉会となりました。

 委員会が中心となったり、議会が他の場所を借りて同様のことを行うのはあまり珍しくなくなりましたが、議場を使ってのオープン議会は珍しく、注目を集めそうです。
d0084783_11280.jpg
 
さいたま市議会議場で(向って左が松戸市議の山中氏、中央がさいたま市議の沢田氏、右が私) 
[PR]
by baribarist | 2009-10-10 01:10 | 市議会

埼玉県議会議員の「石川ただよし]が、埼玉県・久喜市のちょっとしたニュースとコメント、自身の日記を公開
by baribarist
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> ファン
> ブログジャンル