> 高速道路無料化と「もう一つ」 H21年9月23日(水)
 連休は、たまった書類の作成に追われました。まだ全部完成しているわけではありませんが、週明けの一般質問関連、議会活動関連、大学院の論文関連、自分が関る団体関連、Hp関連などなどです。

 まだまだ先は見えてきませんが、それぞれに期限があることなので慌てています。
 
 ところで、そんな中ではありますが、連休の合間には墓参りや子どもとのレジャーなどにも出かけました。
 高速道路を利用しての外出でしたが、連休中はETC搭載車は片道1000円なので助かりました。

 高速道路を走行しながら、考えました。現政権のマニフェストでは、高速道路の無料化が掲げられています。これ自体の経済効果は、明暗があって詳細が決まらない段階で評価や批判はしませんが、高速道路の無料化と同じく、高速道路関連で現政権のマニフェストに掲げた政策で注視しなければならないものがあります。

 それは、高速道路の出入り口増設です。
 民主党のマニフェストには、高速道路に関連する分野で「無料化」や「出入り口増設」が掲げられています。
 民主党の代議士のHPなどでは、日本の高速道路の無料化をドイツのアウトバーンやアメリカのフリーウェイと比較して論じるものが見られますが、仮に日本の高速道路の出入り口をアメリカ並みに増設するとなると、だいたい3キロメートルに一箇所くらいだと言われています。

 高速道路の出入り口増設で利便性は格段に高くなると考えられますが、莫大な建設費と出入り口付近の都市計画の全面的な再考が迫られることは必至です。自治体の基本計画にも影響を与えます。

 仮に新久喜市内を通る、東北自動車道と圏央道に3キロメートルごとに出入り口を設けるとすると、現在の久喜インターチェンジの他に将来的には、2ヶ所は増設になるのかと予測します。

 新久喜市のまちづくりでは、現政権による政策構想の実態と予測を充分に行って、確実な発展の方向に向かわなければならなりません。
 その為に、私もしっかりとアンテナを張って、議員としての自分の考えをまとめなければならないと思っています。 
[PR]
by baribarist | 2009-09-23 22:37 | 政治

埼玉県議会議員の「石川ただよし]が、埼玉県・久喜市のちょっとしたニュースとコメント、自身の日記を公開
by baribarist
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> ファン
> ブログジャンル