議案調査「県立蕨高校」と「朝霞警察署」H29年10月7日(土)
d0084783_17064670.jpg
(写真:埼玉県立蕨高校体育館の破損箇所)

d0084783_17061964.jpg
(写真:同校体育館の破損箇所。深くえぐれ、ビニールテープを貼っています。)

d0084783_17063320.jpg
(写真:同校体育館の破損箇所)

d0084783_17065567.jpg
(写真:同校の破損し過去に修繕をした床)

d0084783_17070541.jpg
(写真:埼玉県朝霞警察署)

d0084783_17072434.jpg
(写真:同警察署の現在の空撮写真 国道254沿い)

d0084783_17073308.jpg
(写真:同警察署の署内ドア、既に壊れて使用できない。)

d0084783_17080050.jpg
(写真:同警察署内の相談室。本来は、室内であるべきですが、空間がないので署内をパーテーションで間仕切りをして使用しています。)

d0084783_17082025.jpg
(写真:同警察署内、最近ではあまり経験したことのない階段幅と段差で、所々の表面が破損している。)

d0084783_17081134.jpg
(写真:同警察署内のドア、老朽化が激しく塗料などは剥がれ下地がむき出しに。さらに変色していて、デコボコしています。)

 今週は、県議会本会議と委員会などがありました。
 5日は、所属する会派「無所属県民会議」で今議会に提案されている補正予算で支出予定の県立蕨高校体育館と工事請負契約を結ぶ議案が提案されている、建て替え予定の朝霞警察署の現場視察を行いました。

 今議会に提案されている補正予算(第2号)は、一般会計の歳入歳出額に16億4784億5千万円を加えるもので、「保育士等のキャリアアップ研修」の費用や県内の公共工事の前倒し分、他に「県立学校の体育館整備事業」などが計上されています。

 「県立学校の体育館整備事業」は、県立学校の体育館改修工事として6596万円が計上されています。これは、県が木造床の体育館486ヶ所を調査した結果、早急に改修をしなければ危険と判断した12校分の体育館改修費用です。県外の木造床の体育館で、床の破損によってケガを負う事故などが発生していることを受けて、埼玉県では調査・改修を急いで行っています。
 今回、改修するのは鷲宮高校、蕨高校、川越高校、大宮商業高校ほか8校(全12校)です。授業などの体育館の使用頻度が低い冬休みなどに学校と調整の上、工事をする予定で工期は約2週間の見通しということです。工事は、現在の木造床の表面を薄く削りササクレをならし、穴などをふさいだ上に体育館全体の床をコーティングして新たな破損をしにくくするというものです。
 実際、県立蕨高校の体育館を視察したところ、幅1cmから2.5cm、長さ3cmから40cm、深さ数ミリの穴が無数にあり、所々にこの穴をふさぐための白いビニールテープが貼られていました。ビニールテープを貼っていても溝が大きく、注意しないといけない箇所もありました。体育館内の場所によっては、溝や穴が多く集中している所もありました。また、既に床を木材で修繕した箇所もあちこちに見られました。
 補正予算成立後の早期改修が必要です。

 県立蕨高校の後は、老朽化著しい朝霞警察署を視察しました。
 この警察署は、本館が昭和40年から既に52年間使用され、手狭なために増築された部分が昭和53年から38年間使用されています。建物の外見は、国道に面している所だけは老朽化が目立ちませんが、裏や脇などを見ると染みや汚れなどが目立ちます。
 また、駐車場も狭く現在は署から、国道を渡った所の駐車場を含めて80台分しかなく、我々が視察をしている間も駐車待ちの自動車がいました。
 署内に入ると、最近ではほとんど見ない段差がいたる所にあったり、階段の規格が古いのか使いにくく、廊下も狭く歩きにくい印象でした。とにかく、署内のあらゆる施設が老朽化していてタイムスリップしたような感覚になります。署員や一般の方が使いづらいわけがないと思わせる建物です。
 今回の建て替えは、署内が狭く会議室や最近増えている困りごと相談を受ける部屋がない(現在は、廊下にパーテーションで間仕切りで対応)こと、自動車運転免許証の更新などで署を訪れる方々が順番待ちをするスペースが極小で日によっては廊下と階段まで並ぶこと、署員の着替えスペースすら十分にないこと、耐震性が十分でないことなどが理由で行います。
 署に設置してある施設も老朽化著しく、昨年は、水漏れが6回、冷暖房機が2回故障しできるだけ冷房は使用しなかったということです。また、署内では年間で15回の修繕工事を行ったということです。
 現在の建物を使用し始めた当初は署員が87名でしたが、現在は287名ということで半端な狭さではないという印象です。

 今回の工事請負契約の議案では、17億2044万円で朝霞市内に、平成31年7月末日までに工事を完了させる予定の契約です。一般競争入札の結果、深谷市内の業者と契約を結びます。
 建て替え後は現在の建物の約1.8倍の広さの鉄筋コンクリート造4階建て、延べ面積7380.29㎡になります。また、警察車両などの車庫棟なども新たに設けます。建物は、災害に強く太陽光パネルを設置するなど環境にも配慮したものになるということです。

 視察をした時、机を並べるスペースがなく公民館などにある長机を並べ、窓の遮光用カーテンが足りない部分に新聞紙を貼って仕事をしてる署員の皆さんが印象的でした。正直、「ここが警察か」と驚きました。署長によると、「このような施設ではありますが、署員は前向きに職務に向き合っています。」ということでした。暑い中、時々冷房が止まってしまうような施設で、国民の安心・安全のために毎日、命がけで職務にあたっている署員の皆さんに頭が下がります。

 議案が可決した後、工事完了までは約2年間程かかります。署員や一般の利用者などの皆様には、まだしばらく我慢を強いてしまいますが、工事完成までの間も少しでも快適に使用できるように努力する必要性を感じました。


[PR]
# by baribarist | 2017-10-07 18:19
議案調査「県立蕨高校」と「朝霞警察署」H29年10月7日(土)
d0084783_17064670.jpg
(写真:埼玉県立蕨高校体育館の破損箇所)

d0084783_17061964.jpg
(写真:同校体育館の破損箇所。深くえぐれ、ビニールテープを貼っています。)

d0084783_17063320.jpg
(写真:同校体育館の破損箇所)

d0084783_17065567.jpg
(写真:同校の破損し過去に修繕をした床)

d0084783_17070541.jpg
(写真:埼玉県朝霞警察署)

d0084783_17072434.jpg
(写真:同警察署の現在の空撮写真 国道254沿い)

d0084783_17073308.jpg
(写真:同警察署の署内ドア、既に壊れて使用できない。)

d0084783_17080050.jpg
(写真:同警察署内の相談室。本来は、室内であるべきですが、空間がないので署内をパーテーションで間仕切りをして使用しています。)

d0084783_17082025.jpg
(写真:同警察署内、最近ではあまり経験したことのない階段幅と段差で、所々の表面が破損している。)

d0084783_17081134.jpg
(写真:同警察署内のドア、老朽化が激しく塗料などは剥がれ下地がむき出しに。さらに変色していて、デコボコしています。)

 今週は、県議会本会議と委員会などがありました。
 5日は、所属する会派「無所属県民会議」で今議会に提案されている補正予算で支出予定の県立蕨高校体育館と工事請負契約を結ぶ議案が提案されている、建て替え予定の朝霞警察署の現場視察を行いました。

 今議会に提案されている補正予算(第2号)は、一般会計の歳入歳出額に16億4784億5千万円を加えるもので、「保育士等のキャリアアップ研修」の費用や県内の公共工事の前倒し分、他に「県立学校の体育館整備事業」などが計上されています。

 「県立学校の体育館整備事業」は、県立学校の体育館改修工事として6596万円が計上されています。これは、県が木造床の体育館486ヶ所を調査した結果、早急に改修をしなければ危険と判断した12校分の体育館改修費用です。県外の木造床の体育館で、床の破損によってケガを負う事故などが発生していることを受けて、埼玉県では調査・改修を急いで行っています。
 今回、改修するのは鷲宮高校、蕨高校、川越高校、大宮商業高校ほか8校(全12校)です。授業などの体育館の使用頻度が低い冬休みなどに学校と調整の上、工事をする予定で工期は約2週間の見通しということです。工事は、現在の木造床の表面を薄く削りササクレをならし、穴などをふさいだ上に体育館全体の床をコーティングして新たな破損をしにくくするというものです。
 実際、県立蕨高校の体育館を視察したところ、幅1cmから2.5cm、長さ3cmから40cm、深さ数ミリの穴が無数にあり、所々にこの穴をふさぐための白いビニールテープが貼られていました。ビニールテープを貼っていても溝が大きく、注意しないといけない箇所もありました。体育館内の場所によっては、溝や穴が多く集中している所もありました。また、既に床を木材で修繕した箇所もあちこちに見られました。
 補正予算成立後の早期改修が必要です。

 県立蕨高校の後は、老朽化著しい朝霞警察署を視察しました。
 この警察署は、本館が昭和40年から既に52年間使用され、手狭なために増築された部分が昭和53年から38年間使用されています。建物の外見は、国道に面している所だけは老朽化が目立ちませんが、裏や脇などを見ると染みや汚れなどが目立ちます。
 また、駐車場も狭く現在は署から、国道を渡った所の駐車場を含めて80台分しかなく、我々が視察をしている間も駐車待ちの自動車がいました。
 署内に入ると、最近ではほとんど見ない段差がいたる所にあったり、階段の規格が古いのか使いにくく、廊下も狭く歩きにくい印象でした。とにかく、署内のあらゆる施設が老朽化していてタイムスリップしたような感覚になります。署員や一般の方が使いづらいわけがないと思わせる建物です。
 今回の建て替えは、署内が狭く会議室や最近増えている困りごと相談を受ける部屋がない(現在は、廊下にパーテーションで間仕切りで対応)こと、自動車運転免許証の更新などで署を訪れる方々が順番待ちをするスペースが極小で日によっては廊下と階段まで並ぶこと、署員の着替えスペースすら十分にないこと、耐震性が十分でないことなどが理由で行います。
 署に設置してある施設も老朽化著しく、昨年は、水漏れが6回、冷暖房機が2回故障しできるだけ冷房は使用しなかったということです。また、署内では年間で15回の修繕工事を行ったということです。
 現在の建物を使用し始めた当初は署員が87名でしたが、現在は287名ということで半端な狭さではないという印象です。

 今回の工事請負契約の議案では、17億2044万円で朝霞市内に、平成31年7月末日までに工事を完了させる予定の契約です。一般競争入札の結果、深谷市内の業者と契約を結びます。
 建て替え後は現在の建物の約1.8倍の広さの鉄筋コンクリート造4階建て、延べ面積7380.29㎡になります。また、警察車両などの車庫棟なども新たに設けます。建物は、災害に強く太陽光パネルを設置するなど環境にも配慮したものになるということです。

 視察をした時、机を並べるスペースがなく公民館などにある長机を並べ、窓の遮光用カーテンが足りない部分に新聞紙を貼って仕事をしてる署員の皆さんが印象的でした。正直、「ここが警察か」と驚きました。署長によると、「このような施設ではありますが、署員は前向きに職務に向き合っています。」ということでした。暑い中、時々冷房が止まってしまうような施設で、国民の安心・安全のために毎日、命がけで職務にあたっている署員の皆さんに頭が下がります。

 議案が可決した後、工事完了までは約2年間程かかります。署員や一般の利用者などの皆様には、まだしばらく我慢を強いてしまいますが、工事完成までの間も少しでも快適に使用できるように努力する必要性を感じました。


[PR]
# by baribarist | 2017-10-07 18:19
体育祭など H29年10月2日(火)
d0084783_11350117.jpg
(写真:10月1日の栗橋地区体育祭にて)

d0084783_11350895.jpg
(写真:10月1日 久喜東地区体育祭にて)

d0084783_11354292.jpg
(写真:10月1日 鷲宮地区でのミニ県政報告会にて)

d0084783_11351635.jpg
(写真:10月1日 西公民館祭りにて)

 先週は、会期中のため議会関係の活動が中心。平日の夕方と土日は、各地の催事に来賓として出席しました。
 また、土日は会期ごとに恒例の「ミニ県政報告会」を開催しました。今回は、久喜地区と鷲宮地区で開催しました。(次回は、菖蒲地区と栗橋地区で開催予定)

 この報告会は、動員などを一切かけずに過去の参加者へのハガキと自身が発行している県政報告書だけで告知しているものです。
 県政報告のほか、得ている範囲で衆議院総選挙の状況などをお話ししました。
 また、報告の後には参加者の方々からご要望やご意見を頂く時間を設け、県政から市政など多岐にわたる意見を頂いています。

 催事に参加している時や、報告会など色々な場面で皆様からの意見を伺い、勉強になります。
 


[PR]
# by baribarist | 2017-10-02 11:50
交通安全 高齢者に優しい運転を H29年9月24日(日)
d0084783_22071191.jpg

d0084783_22073163.jpg
d0084783_22072162.jpg
(写真上3枚:今日の江面地区市民体育祭にて)


d0084783_22075081.jpg
d0084783_22074119.jpg
(写真上2枚:今日の交通安全大会(栗橋地区)にて)

 先週は、県議会9月定例会が開会。他に市内数数カ所で開催している美術展や展示会、後援会の活動ほかがありました。

 今日は、写真にある通り「江面地区市民体育祭」、「交通安全大会(栗橋地区)」などがあり来賓として出席いたしました。
 同市民体育祭では、小学校1年生からの100m走など他では見られない種目もあり、一生懸命走る子供たちの姿が素晴らしかったです。大人の部では、転倒してしまった方もいましたが大きなケガはないようで良かったです。
 体育祭を通じて、更に地域の親睦が深まったことと思います。

 交通安全大会では、日頃から交通安全運動や登下校の見守りなどにご協力を頂いている皆様とお会いしました。
 私のスピーチでも高齢者が巻き込まれる交通事故についてお話をさせて頂きました。
 県内の交通事故発生件数は全体的には減少傾向にある中で、高齢者が巻き込まれる事故の割合は高まっています。

 年齢を重ねれば、視野が狭くなったり動作が遅くなる、判断力が低下するなど誰しも身体的機能の低下はやむを得ません。これから高齢者が益々増えます。高齢者が歩行中や自転車に乗っている時に、事故に巻き込まれる事態を減らすことが必要です。
 今後は、これまでの高齢者が自ら危険を回避することと合わせ、ハンドルを握る全てのドライバーが高齢者に優しい安全な運転を心がける社会の実現が必要です。



[PR]
# by baribarist | 2017-09-24 22:26
山形県の「スケートボードパーク」他を視察研修 H29年9月19日(火)
d0084783_07375427.jpg
d0084783_07381652.jpg
(写真2枚:山形県「最上川ふるさと総合公園」のスケートボードパークにて)

d0084783_07383131.jpg
(写真:9月15日の「久喜市高齢者大学運動会」にて)

d0084783_07385307.jpg
(写真:9月18日の「喜びの里鷲宮」の敬老会にて)

d0084783_07384223.jpg
(写真:9月18日の「清久地区長寿のつどい」にて)


 先週は、山形県に視察研修、久喜市高齢者大学運動会、議会運営委員会などの今週開会する議会の準備活動の他、各式典や勉強会がありました。また、先週末からはご案内を頂いていた市内団体や施設主催の敬老会に出席しました。

 山形県の視察研修先は、東日本最大と言われ各種大会でも利用されている山形県立「最上川ふるさと総合公園」です。これまで県議会などで設置を要望・主張してきた「スケ―ドボードパーク」を実際に見るために、視察をお願いしました。
 同公園は、山形自動車道寒河江SAに隣接しています。28.9haもの面積を有し、総事業費は約81億円をかけて平成24年に現在の形となりました。
 同公園内には、広大な芝生広場のほかにドッグラン、コミュニティー広場、市民浴場、センターハウス、スケートボードパークなどがあります。

 同公園内の「スケートボードパーク」は、約2700㎡のコンクリート製で大中小のプールと坂、障害物などが設置されスケートボードやBMXの利用者に利用されています。平成18年に開設、初心者エリアが平成20年に開設しました。
 朝9時から21時まで利用でき、ナイター設備もありますが、全体の整備のための予算は約8200万円と比較的安価に整備されました。利用料は基本的に、大人は500円、高校生以下は250円で年間利用者は約5000人から約9000人ほどです。年によって利用者数に差があるのは、東北地方ゆえの天候などによる影響が多いということでした。
 全国級の大会やボードメーカー主催のイベント、スクールなども開催し県内の利用者はもちろん、仙台市など県外からの利用もあるということでした。 
 担当者によれば、ここは同公園の活用方法を決める中で、広く市民参加を実施したということです。住民からの要望を受けて、有識者やスケートボードに係る方々の意見などを取り入れて設計、整備を進めたということです。整備にあたっては、埼玉県吉川市の市営スケートボードパークも視察されたということです。
 気になる苦情などの状況ですが、担当者によると当初はイベント時の音響などへの苦情があったということですが、現在は予め近隣にイベント開催の告知をするとともに時間制限をしているのでなくなったということです。
 また、管理は指定管理者が行っていて、日常の運営のほか施設の点検や緊急時対応訓練なども行っているということでした。
 住民からの要望で整備された施設ということで、利用者の意見を多く取り入れて整備した結果、多くの方に親しまれ利用されているということでした。
 私も埼玉県吉川市などのスケートボードパークなど県内施設は見ていますが、これだけ規模が大きく管理されているところは初めてでした。
 スケートボードがオリンピック種目になった今、埼玉県にも積極的にその輪を広げる活動を期待しています。

 翌日は、山形県庁にて農業の六次産業に係る「六次産業ステップアップ事業」と日本酒に関わらず県内で生産させる酒類の文化を守る「山形県乾杯条例・同事業」について視察研修をしてまいりました。後者は、とかく消費拡大に力点がおかれがちなものが、「文化」という視点で後世に引き継ぐ使命感がとても新鮮に感じられました。「消費拡大」と「文化」こうした視点で埼玉県でも県産酒類を広めたいと思います。



[PR]
# by baribarist | 2017-09-19 08:21
県立久喜高校100周年事業ほか H29年9月10日(日)
d0084783_23120078.jpg
(写真:県立久喜高校文化祭にて)

d0084783_23121306.jpg
(写真:県立久喜高校文化祭で展示された、開校100周年の七宝まり)

d0084783_23122805.jpg
(写真:県立久喜高校の山岳部の皆さんと(本人及び学校の許可を得て掲載しています。(転載禁止)))

d0084783_23125719.jpg
(写真:県立久喜高校山岳部が掲載された雑誌)

 先週もとても目まぐるしい週でした。
 今日は、市内バドミントン大会開会式に続き、2つのカラオケに係るイベントで熱唱、その後、お世話になっている方々のお宅を所用で訪問するなど充実していました。

 また、その間にご招待を頂いていた埼玉県立久喜高校の文化祭にも伺いました。
 校内は、市内外の多くのお客さんで賑わっていました。また、在学生もとても生き生き、はきはきと展示や説明に頑張っていました。

 学校では、来年が開校100周年ということで、記念事業として着物の端切れでつくる「七宝まり」を2000個作製するプロジェクトを進めています。今日も卒業生の皆さんや保護者の皆さんが、暑い中を黙々と作業を続けていました。
 「七宝まり」は、同校の生徒自ら選んだ「大切にしたい七つの宝」として優しさ、思いやり、友情、笑顔、感謝、絆、挑戦の意味を込めて名付けられたということです。来年夏までに2000個を目標に、広く学校関係者以外の皆様にもご協力をお願いしていますので、興味ある方は是非、ご協力ください。

 文化祭では、注目の同行山岳部のブースも訪問しました。
 同校の山岳部は、知る人ぞ知る山岳部の名門で今秋、関東大会に出場しました。ブースでは、部員の皆さんから丁寧に様々な資材や体験談を伺いました。
 写真の1番左に写っている私は、リュックを背負っていますが、これは彼女たちが登山の練習に担いでいる重さ18キログラムのリュックです。私でさえ、腰痛が心配なくらいの重量でしたが、彼女たちはこれを背負って学校の周りを歩いて練習するそうです。
 笑顔で説明をしてくれた彼女たちは、とてもチャーミングながら力強く、たくましく感じました。
 今秋の関東大会での山岳部の皆さんの御健闘を心よりご祈念申し上げます。

 同校の文化祭では、他にも書道部のブース他にも訪問しましたが、ご案内頂いた生徒の皆さんが礼儀正しく、とてもハキハキとして清々しい思いがしました。
 100年の歴史の中でつくりあげた伝統かも知れません。
 

[PR]
# by baribarist | 2017-09-10 23:46
上田知事が「新久喜総合病院」を訪問 H29年8月30日(水)
d0084783_22313413.jpg
(写真:左から石川、柿沼市議会議長、田中市長、上田知事、蒲池会長、岡崎医院長、蒲池副委員長)

d0084783_22312066.jpg
d0084783_22310023.jpg
d0084783_22303862.jpg
d0084783_22295452.jpg
(写真上5枚:今日の「新久喜総合病院」での上田知事の「とことん訪問」で)

 今日は正午まで、八潮市議会議員選挙に5期目を目指して立候補している友人の応援。
 午後は、上田知事が「とことん訪問」で久喜市内の「新久喜総合病院(一般社団法人 巨樹の会)」(診療科目:24、病床数:300、職員数:788名)を訪問されたので、地元選出県議ということで、市長・市議会議長とともに同行しました。

 同病院は、前医療機関の施設を受け継ぎ昨年4月に久喜市内に開設した病院です。
 月平均500件ほどの救急搬入を受け入れいています。また、月平均で200件以上の手術をこなしています。

 今日の訪問は、知事の「「希望と安心の埼玉・活躍と成長の埼玉・うるおいと誇りの埼玉」を、全力で現実のものとしていきたい。そのため、県内をくまなく訪問し、どんな所へもとことん訪問し、とことん見学し、とことん話し合っていく。」という主旨で開催している「とことん訪問」として実現しました。
 今日は他に杉戸町と白岡市内を訪問しています。

 病院では、わざわざ福岡から蒲池真澄会長が説明に駆け付けて下さり、現場を見ながら岡崎医院長ほか職員とともに丁寧にご説明を頂きました。
 現場見学の後は、病院内の会議室で同会長から病院経営の現状や今後の地域医療の課題等について説明があり、続いて医院長・副委員長・看護師長・ほかの職員の皆さんとの意見交換がありました。

 意見交換会は短い時間でしたが、開設から約1年半後の新久喜総合病院の現状と課題・行政への期待について伺えた良い機会でした。


[PR]
# by baribarist | 2017-08-30 23:35
「梨」の久喜市梨組合、知事を表敬訪問
d0084783_12214893.jpg
(写真:今日午前中、知事室で久喜梨組合役員・JAの皆様と)

d0084783_12220480.jpg
(写真:上田知事と石川)

d0084783_12221471.jpg
(写真:左、関根久喜市梨組合組合長からご挨拶)


d0084783_11422240.jpg
(写真:牧農林部副部長と久喜市梨組合役員の皆様で懇談)
d0084783_11423123.jpg
(写真:久喜市梨組合他の皆さんと県庁前において)

 今日は、久喜市梨組合の組合の役員・JA・市担当課の皆さんが、埼玉県・久喜市の特産である梨「彩玉」を食べて頂くために県庁の上田知事を表敬訪問。私も同行しました。

 関根組合長からのご挨拶があった後、その場で持参した梨を食べた知事から「今年もとてもおいしいです。」とお褒めの言葉を頂きました。

 知事の後は、副知事や農林部を伺いました。副知事と農林部長は公務出張だっため、牧副部長に持参した梨を差し上げ食して頂きました。副部長は、農学部出身ということで現場の農業事情にも詳しく梨の交配経験もあるということでした。また、昨日の東京埼玉県人会に知事と出席した際にも久喜の梨が出され、参加者の皆さんからとても高い評価を得ていたというお話も伺いました。

 埼玉県・久喜市の特産品で「おいしい梨」を皆さん、お召し上がりください。

 なお、久喜市梨組合では8月26日土曜日の午前9時から、イトーヨーカドー久喜店において、「久喜梨組合なし祭り」を開催するということです。「梨の皮むきコンテスト」や「梨の重さあてクイズ」、「幸水の無料配布(午前午後合わせて先着100名に2玉無料配布)」などのイベントを実施するということです。お楽しみに。 
 詳しくは久喜市梨組合のHPをご覧ください。http://www.kukinashi.jp/

[PR]
# by baribarist | 2017-08-24 12:26
信号機設置が決定(鷲宮地区) H29年8月21日(月)
d0084783_12543273.jpg
d0084783_12541099.jpg
d0084783_12540016.jpg

d0084783_12534762.jpg
d0084783_12580807.jpg
(写真5枚:信号機設置が決まった久喜市鷲宮2丁目の交差点)

 県警から連絡があり、かねてから要望を頂いていた「久喜市鷲宮2丁目13」付近、県道鷲宮停車場線と市道との交差点に「手押し式信号機」が新規に設置される予定になりました。
 この交差点は、一部通学路になっているにも関わらず県道から県道への抜け道となっていることから、多くの自動車の交通量があり危険であることが指摘されてきた所です。交差点付近には、郵便局や店舗などもあることから朝夕はもちろん日中も多くの歩行者・自動車等が往来しています。また、駅や鷲宮神社にも至近ですので、年始や催事の際には多くの自動車でごったがえす所でもあります。

 今日も現場を見てきましたが、交差点を通行する自動車はひっきりなし。
 横断歩道を渡るために自動車が通り過ぎるのを待っている歩行者がいるのですが、県道を走行していて一時停止をして下さる自動車はまれでした。年配の歩行者や自転車を押してわたる歩行者の方が、自動車の合間をぬって急ぎ足で道路を横断していました。

 信号機設置で、さらに安全な生活環境が広がれば幸いです。


[PR]
# by baribarist | 2017-08-21 13:38
菖蒲の梨選果場 訪問 H29年8月16日(水)
d0084783_12125624.jpg
d0084783_12122666.jpg
(写真上2枚:梨「幸水」)
d0084783_12131069.jpg
d0084783_12123659.jpg
d0084783_12121647.jpg
(写真上3枚:菖蒲の梨選果場にて)
d0084783_12124512.jpg
(写真:選果場となりの「菖蒲グリーンセンター」で梨を買い求めるお客様)

 今日の午前中は、お世話になっている役員の方々と、毎年訪問している久喜市菖蒲地区の「梨選果場」を伺いました。ここでは、菖蒲梨組合の皆さんが作業をしています。
 
 朝早くから選果場では、生産者やパート、農協やシルバー人材センターから派遣の皆さんが一生懸命に選果、仕分け、箱付けや袋詰めなどをしています。
 選果場の隣には、埼玉県内でも有数の売り上げを誇る「菖蒲グリーンセンター」があり、選果場で袋詰めや箱詰めをしたものが次から次へと買われていきます。
 多い日では、400人ほど列をつくるそうで、今日も雨ですが多くの方々が来店して買い求めていました。
 
 今は、甘くて梨特有の酸味もあってみずみずしい「幸水」の最盛期です。例年、「豊水」などの時期に訪問していたので、「幸水」の時期は初めての訪問です。
 私も試食をしましたが、先日、伺った久喜梨組合で頂いた梨と同じく今年は、糖度が高くとても甘く酸味もほどよい美味しさでした。

 菖蒲の梨は、菖蒲グリーンセンター(〒346-0115 埼玉県久喜市菖蒲町小林227)などで購入できます。
 ぜひ、埼玉県・久喜市の特産品、梨をお召し上がりください。


[PR]
# by baribarist | 2017-08-16 12:30
グローバルラグビーフェスタ2017 埼玉・熊谷 H29年8月12日(土)
d0084783_10565028.jpg
(写真:グローバルラグビーフェスタ2017 埼玉・熊谷の会場にて)

d0084783_10563913.jpg
(写真:会場前、多くのラグビーファンが集まっています。)
d0084783_10570004.jpg
d0084783_10571359.jpg
(写真上2枚:試合中。青が日本の「パナソニック ワイルドナイツ」白がニュージーランドの「ハイランダーズ」)

d0084783_10572506.jpg
(写真:試合結果)

 昨日は、夕方から熊谷市内の「熊谷スポーツ文化公園 陸上競技場」で開催した「グローバルラグビーフェスタ 2017 埼玉・熊谷(主催:同実行委員会(埼玉県・熊谷市ほか))」に観戦に行ってきました。

 この試合は、埼玉県と熊谷市が「ラグビーワールドカップ2019の開催都市、埼玉・熊谷から2019年日本大会に向けてラグビーを盛り上げていきましょう!」ということで、試合のほかに各種ラグビーに係るイベントとともに開催しました。

 試合は、日本の「パナソニック ワイルドナイツ」とニュージーランドの「ハイランダーズ」の戦いです。
 ワイルドナイツは、試合前半からリードをしてトータルで22対7と快勝しました。

 私は、実際にプロのラグビーの試合を見るのは初めてでしたが、歓声に包まれる会場の雰囲気や選手たちのタフな動きに魅せられました。当初、複雑なルールを解釈するのが難しいと思っていましたが、幸いにも隣席の議員がルールに詳しく解説を聞きながら楽しく観戦できました。

 途中で少し小雨も降りましたが、ラグビーファンの皆さんと最後まで夢中に観戦できました。

 埼玉県では、2年後のラグビーワールドカップ2019の大会成功を目指して、ラグビー場や周辺道路の整備を始め人員の確保や機運醸成を進めています。県議会でも希望する議員が加盟して「埼玉県議会ラグビー振興議員連盟」が発足しています。
 私もその一員として、埼玉県から2019年日本大会に向けてラグビーを盛り上げるお手伝いをしていきます!

 


[PR]
# by baribarist | 2017-08-12 11:19
梨(幸水)の果実審査会 H29年8月9日(水)
d0084783_11244643.jpg

d0084783_11252899.jpg
d0084783_11245822.jpg
d0084783_11251588.jpg
(写真:今日の平成29年度果実(梨)審査会で)

 台風5号で被害に合われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 さて、今日の午前中は埼玉県・久喜市の特産であり埼玉県の主力果樹である「梨」の平成29年度果実審査会がJA南彩久喜江面支店会議室で開催されました。

 私は、市長・JA職員・久喜梨組合役員・市担当職員・県担当職員などとともに11名の審査員の内の1人を務めました。
 審査では、出品された梨「幸水」35点から糖度が12.3度以上の22点に絞られて実施されました。1次審査では、絞られた22点の梨からさらに11点に絞り、2次審査で11点を審査員が試食をして食味から上位6位までを決定しました。
 2次審査では、1人の審査員が11点中3点を選択し、点数が多いものから順位が決定します。

 今後、10月頃に、出荷と販売部門の審査を実施して、総合結果で表彰を行う予定です。

 今年は、日照りが強くとても糖度が高いことが特徴です。
 実際、食べてみてそれぞれが甘くとてもおいしかったです。また、甘さと酸味との調和があり、かつ水分が多く歯ざわりなどが最高の梨もあり、益々、梨のファンになりました。


[PR]
# by baribarist | 2017-08-09 11:46
農業環境の現地確認会・意見交換会(菖蒲地区)開催 H29年8月5日(土)
d0084783_14020760.jpg
(写真:水の流れが悪い水路)
d0084783_14021848.jpg
(写真:地元農業者の方々との現場確認会)
d0084783_14024259.jpg
(写真:低い位置にあって水が豊富な水路から、上部にあって水のこない上の田に、ホースで水を送水しています。)
d0084783_14032290.jpg
(写真:田中市議と集会所で農業者の皆様と意見交換会)

 昨日の午後は、久喜市菖蒲地区の農業者と当該区長・役員の皆さんとともに田や水路などの農業環境の現場確認会と意見交換会を行いました。
 菖蒲地区にお住まいの田中勝議員とともに、実際に水田を耕作している農業者の皆様から現状説明とご意見を頂きました。

 現場確認した地域は、県道川越栗橋線東側から圏央道周辺の地区で見沼代用水を主な水源にしている地域です。
 古くから整備が進められ、当時は整った農業環境でしたが現在は老朽化や土地の形状変化などにより、スムーズに耕作ができない所があります。
 田の命綱である農水の流れが悪い水路、天候によって水没してしまう田、水流で川幅が広がり畦が崩れかけている田や農道などを見て回りました。
 とても狭く入り組んだぬかるみの農道や破損した水路などもあり、農業者の高齢化もあって自力で整備するのがとても難しい現状が分かります。また、市境の問題や圏央道の工事によって新たに発生した問題箇所も数カ所ありました。

 意見交換会では、皆様から多岐にわたる示唆に富むお話を頂きました。
 これからも市と県が協力して、農業環境の整備が早期に進むよう取り組んでまいります。


[PR]
# by baribarist | 2017-08-05 14:26
市内県道の安全確認・調査と対策 H29年7月25日(火) 
d0084783_15274557.jpg
d0084783_15262325.jpg
d0084783_15272441.jpg
d0084783_15271041.jpg
d0084783_15263250.jpg
d0084783_15265375.jpg
d0084783_15255846.jpg
d0084783_15260864.jpg
(写真上:昨日の清久地区の現地確認・調査にて)
 昨日の午後は、6月26日(県議会6月定例会)の私の一般質問で取り上げた、久喜市清久地区の「県道12号川越栗橋線」の今後の安全対策について、関係部署の皆さんに現地確認と調査を行って頂きました。
 この地区は上清久・下清久を通る区間で、県の東西を結ぶ幹線道路として近年は特に交通量が増加。一部が通学路になっている所に、朝夕の渋滞、それに加えて理科大学久喜キャンパス跡地に大型物流施設が造成されていることから、今後もさらに大型車を中心に交通量が増えることが予測されています。県警の調べでは、1日に2万台以上の自動車が通行しています。
 また、同道路と「県道151号久喜騎西線」が交差する上清久交差点においても通過する大型車が激増。交通事故も頻発していました。

 同地区では、以上のことを踏まえて地元区長の皆さんや市議等から「安全対策」を求める要望書が県知事と県警に提出されていたことから、県議会6月定例会で質問し今後の安全対策を求めていました。

 昨日の現地確認・調査は、同地区の区長の皆さん、地元市議、市建設部長を始めとする関係課と市民生活課・埼玉県警察交通規制課・久喜警察署交通課・県杉戸県土事務所道路環境部長ほかの総勢約20数名が参加しました。
 区長の皆さんや市議、私から要望書やこれまでの聞き取りなどによる現状を説明した後、全員で県道を歩きながら県道の要望箇所や交差点の状況を確認・調査しました。

 上清久交差点では、質問後、先週金曜日には既に交差点内の横断歩道や路側線の補修が完成したことから、信号機や右折帯の確保などを確認。右折用信号機の必要性は引き続き検討するものの、老朽化が著しいことも現地で確認されたので早急に交換することが決定しました。
 右折帯については、現地で右折レーンを設けることを決め、今後、協議を煮詰めていくこととなりました。

 また、「県道12号川越栗橋線」では、学童が横断する横断歩道の前後に注意喚起の大型の道路標示をすることを決定。路側帯の狭い部分には当面、段差があることによる注意喚起をするポストコーン等の設置を決定しました。両方とも子供たちの夏休みが終了するまでに、工事を完了させる予定です。
 理科大学跡地の物流施設予定地ができることによる、大型車の通行対策は右折帯を設置することと同物流施設への進入時間の制限で対応。今後は、歩道未設置部分への歩道設置などについて、事業者への協力を求めていくということです。
「県道12号川越栗橋線」と「県道146号六万部久喜停車場線」交差点(高木病院裏)の渋滞対策については、先ずは既存の信号機の赤・青などの秒間隔を調整して対処し様子を見ることとなりました。
 「県道12号川越栗橋線」全体への歩道設置と「県道151号久喜騎西線」、上清久交差点付近の両側歩道設置、手押し式信号機の設置などは多額の予算が必要なため調査・検討を継続することとなりました。
 他に、市では横断歩道付近に歩行者目線で危険察知ができるカーブミラーの新設を決定。ドライバーへの注意喚起看板を大きなものに貼り換えることについては、既に発注が済んでいるということでした。
 
 県や県警では、引き続き同地区の安全対策について、調査を継続します。
 今後も地域の安全が守られるよう、私もバリバリ活動を続けます。
 
 

[PR]
# by baribarist | 2017-07-25 16:42
市内県道の安全確認・調査と対策 H29年7月25日(火) 
d0084783_15274557.jpg
d0084783_15262325.jpg
d0084783_15272441.jpg
d0084783_15271041.jpg
d0084783_15263250.jpg
d0084783_15265375.jpg
d0084783_15255846.jpg
d0084783_15260864.jpg
(写真上:昨日の清久地区の現地確認・調査にて)
 昨日の午後は、6月26日(県議会6月定例会)の私の一般質問で取り上げた、久喜市清久地区の「県道12号川越栗橋線」の今後の安全対策について、関係部署の皆さんに現地確認と調査を行って頂きました。
 この地区は上清久・下清久を通る区間で、県の東西を結ぶ幹線道路として近年は特に交通量が増加。一部が通学路になっている所に、朝夕の渋滞、それに加えて理科大学久喜キャンパス跡地に大型物流施設が造成されていることから、今後もさらに大型車を中心に交通量が増えることが予測されています。県警の調べでは、1日に2万台以上の自動車が通行しています。
 また、同道路と「県道151号久喜騎西線」が交差する上清久交差点においても通過する大型車が激増。交通事故も頻発していました。

 同地区では、以上のことを踏まえて地元区長の皆さんや市議等から「安全対策」を求める要望書が県知事と県警に提出されていたことから、県議会6月定例会で質問し今後の安全対策を求めていました。

 昨日の現地確認・調査は、同地区の区長の皆さん、地元市議、市建設部長を始めとする関係課と市民生活課・埼玉県警察交通規制課・久喜警察署交通課・県杉戸県土事務所道路環境部長ほかの総勢約20数名が参加しました。
 区長の皆さんや市議、私から要望書やこれまでの聞き取りなどによる現状を説明した後、全員で県道を歩きながら県道の要望箇所や交差点の状況を確認・調査しました。

 上清久交差点では、質問後、先週金曜日には既に交差点内の横断歩道や路側線の補修が完成したことから、信号機や右折帯の確保などを確認。右折用信号機の必要性は引き続き検討するものの、老朽化が著しいことも現地で確認されたので早急に交換することが決定しました。
 右折帯については、現地で右折レーンを設けることを決め、今後、協議を煮詰めていくこととなりました。

 また、「県道12号川越栗橋線」では、学童が横断する横断歩道の前後に注意喚起の大型の道路標示をすることを決定。路側帯の狭い部分には当面、段差があることによる注意喚起をするポストコーン等の設置を決定しました。両方とも子供たちの夏休みが終了するまでに、工事を完了させる予定です。
 理科大学跡地の物流施設予定地ができることによる、大型車の通行対策は右折帯を設置することと同物流施設への進入時間の制限で対応。今後は、歩道未設置部分への歩道設置などについて、事業者への協力を求めていくということです。
「県道12号川越栗橋線」と「県道146号六万部久喜停車場線」交差点(高木病院裏)の渋滞対策については、先ずは既存の信号機の赤・青などの秒間隔を調整して対処し様子を見ることとなりました。
 「県道12号川越栗橋線」全体への歩道設置と「県道151号久喜騎西線」、上清久交差点付近の両側歩道設置、手押し式信号機の設置などは多額の予算が必要なため調査・検討を継続することとなりました。
 他に、市では横断歩道付近に歩行者目線で危険察知ができるカーブミラーの新設を決定。ドライバーへの注意喚起看板を大きなものに貼り換えることについては、既に発注が済んでいるということでした。
 
 県や県警では、引き続き同地区の安全対策について、調査を継続します。
 今後も地域の安全が守られるよう、私もバリバリ活動を続けます。
 
 

[PR]
# by baribarist | 2017-07-25 16:41
民進党の感覚、おかしくないですか? H29年7月15日(土)
d0084783_09560505.jpg
(写真上:7月12日の久喜提燈祭り「天王様」での東一山車)
 7月12日から18日まで、日本一の提灯山車祭りで有名な久喜提燈祭り「天王様」の祭典が始まっています。
 実際に各保存会の山車が駅前などを回るのは12日と18日のみですが、「東一」の山車は16日(日)も久喜市久喜東1丁目を中心に午前中から午後3時頃(夜間はありません)まで回る予定です。興味のある方、ぜひご覧ください。

 ところで、今朝の読売新聞に政務活動費の不正使用疑惑で沢田氏が県議辞職をしたことによる、さいたま市大宮区の県議会議員補欠選挙(定数1)への対応として、民進党埼玉県連総支部長の枝野氏の次の発言が掲載されていました。

「公認候補を立てて戦う。国政の第1党として責任がある、。党前幹事長(である自分)のひざ元で戦わないことはあり得ない」と述べて、候補者選定が枝野氏に一任され、早ければ来週半ばには正式発表する(2017年7月15日 読売新聞朝刊、35、埼玉版)ということのようです。
 
 私には、まったく理解できない考えです。
 補欠選挙の発端は、政務活動費をめぐる埼玉県議会での出来事。議員が選出される選挙は、埼玉県の県勢の方向性やあり方を問うものであるはずです。
 それにも関わらず、 ”国政の第1党として” ”自分のおひざ元” だから、候補者を立てるというのは理解不能です。
 埼玉県・埼玉県議会の今後のあり方等を問うべき補欠選挙を国政の縮図ととらえ、自分の”おひざ元”だからという自己都合とも言える感覚で候補者を選定・擁立するは筋違いです。

 私は県議会において、「無所属県民会議」という会派に所属しています。
 県議・国会議員には、党派を超えて情報交換や親交がある議員がいます。県議会では民進党に所属する県議とも親交があり尊敬する人もいます。国政に関して言えば、民進党所属の何人かの国会議員とも個人的な親交があります。さらに、次期衆議院候補予定者の方の中には古くからの友人もいて、個人的に応援する予定です。

 それだだけに、今朝の読売新聞朝刊に掲載された現実離れした感覚のコメントは、残念でなりません。


 


[PR]
# by baribarist | 2017-07-15 10:31
政務活動費の不正使用疑惑 県民に説明を H29年7月14日(金)
d0084783_09144979.jpg
d0084783_09150218.jpg
(写真上2枚:県議会議事堂でのテレビ放送収録中(7月11日))

 6月定例会が終了してから、連日、行事やイベントが続きます。
 11日には、7月23日(日)18:30からテレビ埼玉で放映の県議会広報番組、「こんにちは県議会です」の”6月定例会ダイジェスト”の撮影でした。私の持ち時間は、1分前後しかありませんので6月定例会での一般質問項目などについて話しました。

 ところで、6月定例会閉会(7月7日)後から、当時、自民党県議団に所属していた沢田氏の政務活動費の使用をめぐる一連の報道がされています。
 議員である私達にさえも本人はおろか、沢田氏(支部)に政務活動費を交付していた自民党県議団からも報道を通じての情報しか入ってこないので、事の真相や経緯などが把握できていない状況です。

 報道各社と県議会事務局からの情報の概要をまとめると、沢田氏は2011年度から2015年度までの政務活動費の支出について、領収書を偽造などして545万円を業務請負先に支払ったようになっていたが、実際には支払っていないかったという。この報道の後、自民党県議団が沢田氏と業務請負先の聞き取りを行い、7月11日に沢田氏を除名処分。同日、沢田氏は545万円を自民党県議団に返還、翌12日に沢田氏から県議会議長に辞職願が出され、議長が辞職を許可し沢田氏が議員を失職したということです。

 沢田氏や本人が当時所属していて、545万円の返還を受けた自民党県議団には県民に対して説明をすべきですし、その責任があります。沢田氏からは経緯等について、自民党県議団からも調査を継続しているのかどうか、沢田氏から返還を受けた545万円を埼玉県に返還するのかどうか、説明が待たれます。

 沢田氏は旧大宮市議会議員の出身で、私はその頃から親交がありました。
 私が代表を務める会に参加してもらったり、数年前までは、友人として大勢で共に勉強会や酒宴に出席したこともありました。
 県議会では、私が所属する会派と沢田氏が所属する会派が違うので、今はあまり顔を合わせたり話す機会はありませんでしたが、それでも今年春には互いが所属する議会運営委員会の視察でご一緒し、久しぶりに会話をしました。

 私がこれまでに知っている沢田氏は、温厚で朗らか。とても勉強熱心で郷土愛が強く、将来の活躍が大いに期待されていた有能な人物です。
 それだけに、報道にある今回の一件は残念です。
 
 

 

[PR]
# by baribarist | 2017-07-14 10:10
伝統囃子・里神楽発表会 H29年7月3日(月)
d0084783_15042798.jpg
d0084783_15043764.jpg
d0084783_15044613.jpg
(写真:上3枚、昨日の「伝承囃子・里神楽発表会」久喜駅西口ロータリーにて)

d0084783_15045567.jpg
(写真:先週の東京都議会議員選挙で都民ファースト公認候補の応援で)

 先週も引き続き、連日が議会でした。
 金曜日は、議会がなかったので知人の都議会議員候補の応援に行きました。

 昨日は、久喜市の久喜地区での提灯祭り「天王様」、清久地区での提灯祭り「天王様」、同じく清久地区の里神楽などの保存会による発表会でした。
 今年も、私が籍を置く保存会もお囃子を披露しました。
 各保存会、それぞれの伝統の音色を披露しました。今週から、市内各地の天王様が始まります。

7月9日(日)は上清久地区、菖蒲地区
7月12日(水)、18日(火)は久喜地区
7月15日(土)、16日(日)は栗橋地区
7月23日(日)は鷲宮地区
です。詳しくはこちら(外部リンク)をご覧ください。










[PR]
# by baribarist | 2017-07-03 16:00
一般質問、発言通告しました H29年6月22日(木)
d0084783_15315333.jpg
d0084783_15320233.jpg
d0084783_15320947.jpg
(写真:今日、議会議事堂の「無所属県民会議」議員控室にて)

 今日は、朝から議員控室でしたが、正午には、祝い事に招かれていたので、一度地元に戻り、地元久喜市と議事堂がある浦和(さいたま市)を2往復しました。
 議員控室の自席では、来週月曜日に登壇する一般質問の種々の準備をしていました。

 正午には、当日、登壇してどんな事を質問し誰からの答弁を求めるかを事前に通告する「発言通告書」の締め切りでしたので、それに間に合わせ、午後からは再び準備です。
 
 私の一般質問は、6月26日(月)の午後1時からの予定です。
 県議会で初当選から通算、10回目の登壇になります。

 下記の通りの「発言通告書」を提出しました。


平成29年6月定例会 石川忠義 一般質問通告書(かっこ内は答弁を求める者)

1.小規模事業者を支える商工会等への支援をさらに充実すべき(知事・産業労働部長)

2・埼玉県農業の発展のために普及指導員の充実をはかるべき(知事)

1) 普及指導員の果たしてきた役割について

2) 再任用や有資格者を非常勤特別職として任用し、県内農業の支援をすべき

3.高齢者を交通事故の被害から守るために(知事)

4.街路樹の育成を阻害しない管理を進めるべき(県土整備部長)

5.県の公園にスケートボードパークを(都市整備部長)

(1) 前回質問以降の県の検討状況を問う

(2) 今後の公園整備の中で設置を検討すべき

6.栗橋関所の歴史的重要性を再認識し、県の事業をすすめるべき(教育長・産業労働部長)

7.地元問題について(県土整備部長)

(1)小林調節池の整備に関する県の「あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル」への協力について

(2)一級河川中川等の河川整備・治水対策について

(3)県道春日部菖蒲線の歩道整備について

(4)清久地区の県道川越栗橋線と県道久喜騎西線、上清久交差点の安全対策について

(5)県道川越栗橋線、小林交差点(菖蒲地区)の整備について


[PR]
# by baribarist | 2017-06-22 16:24
主権者教育 H29年6月20日(火)
d0084783_21183801.jpg
d0084783_21185806.jpg
(写真:今日の県内高校での主権者教育の講演で)

 昨日から埼玉県議会6月定例会が開会しました。
 今日は、午前中に所属する会派で6月定例会に知事が提案した議案についての勉強会でした。

 午後は、県内高校の主権者教育の一環として講演をしました。
 私が代表理事を務めている「NPO法人地方議会制度研究センター」の一員として、地方議会の制度や地方議員の役割について簡単にお話をさせて頂きました。
 同NPO法人は、国会に比較して注目されることが少なく、重要な役割があるにも関わらずあまり学校教育でも扱われない地方議会の制度の周知をすすめるため、平成24年に発足しました。
 今回は、主権者教育の一環として、高校3年生の約180人にお話しをしました。

 生徒の皆さんは、眠くなる時間にもかかわらず私の話を一生懸命に聞いて下さいました。

 まだまだ、知られていない「地方議会」の役割や制度、皆さんに興味をもって頂きたいと思います。



[PR]
# by baribarist | 2017-06-20 21:30
久喜市菖蒲町小林「小林神社前」県道工事完了 H29年6月8日(木)
d0084783_14481205.jpg
(写真上:工事施工後の県道笠原菖蒲線(310号線)久喜市菖蒲町小林神社前)

d0084783_14482828.jpg
(写真上:工事施工後の県道笠原菖蒲線(310号線)久喜市菖蒲町小林神社付近)
d0084783_14484277.jpg
(写真:工事前の県道笠原菖蒲線(310号線)久喜市菖蒲町小林神社前)

 昨日、今日は6月26日に登壇予定の県議会一般質問に向けての準備で、市内を回りました。
 今日は、これから加須市内で埼玉県の「管内選出県議と地域機関の長との連絡会議」です。

 ところで、先月、久喜市菖蒲町小林を通る県道笠原菖蒲線(県道310号)の小林神社前の道路工事が終わりました。
 ここは、小林神社の前で人の出入りが多く、通学路にもなっている場所です。さらに、神社入り口付近がカーブになって見通しも悪くなっています。
 県では、数年前に事故防止のためにカラー舗装とキラキラ舗装、自発光標識の設置などの整備をしましたが、大型車の通行も頻繁なため、最近は舗装のひび割れや剥離、自発光標識の故障など著しく道路が破損していました。
 この為、地元の市議や地元の皆さんから要望を頂いていました。私自身も現場を確認後、4月下旬に県に要望をしていましたところ、5月26日に工事は終了しました。
 残るは自発光標識ですが、今月下旬には修理完了する予定です。

 これからも県民の安全安心の輪を広げます。






 


[PR]
# by baribarist | 2017-06-08 15:14
次世代施設園芸埼玉拠点(久喜市)オープンセレモニー H29年6月4日(日)
d0084783_23451039.jpg
(写真:久喜市六万部の「次世代施設園芸埼玉拠点」のトマト実証栽培施設にて)
d0084783_23455755.jpg
(写真:同施設前で取材を受ける知事ら)
d0084783_23461755.jpeg
(写真:同施設前での試食風景 右から二番目は斉藤農林水産副大臣)
d0084783_23453289.jpg
(写真:同施設前でのテープカット)
d0084783_23452168.jpg
(写真:同施設内のトマト)

 先週は、県議会で所属する「産業労働企業委員会」の視察などがありました。
 昨日、今日は総会やイベントが多く、今日は菖蒲地区での「あやめ祭り」の他、5件の催事がありました。

 「あやめ祭り」の開会式などを終えた後には、久喜市六万部の「埼玉県農業技術研究センター久喜試験場内」の埼玉次世代施設園芸埼玉拠点(埼玉次世代施設園芸コンソーシアム(イオンアグリ創造株式会社、埼玉県、久喜市などで構成))のオープニングセレモニーとその後の見学会などに参加しました。

 この施設は、農林水産省の次世代施設園芸地域展開促進事業として、同コンソーシアムが事業を行っています。トマト栽培の効率化を促し、栽培農家の所得向上と雇用を創出するために事業が進められています。
 同施設で得た最新の栽培技術等は、栽培農家に技術普及をして栽培効率の向上を目指すものです。

 今日のセレモニー等には、主催者の県やイオンの関係者のほか、来賓として斉藤農林水産副大臣や同省関係者、県議会が出席しました。
 県議会からは、所管する「環境農林委員会」所属議員と地元ということで、加須市(2名)選出議員と久喜市選出議員として私がご案内を頂きましたが、当初、同施設の関係予算の執行停止の採決を委員会に提案した同委員会所属の自民党議員は全員が欠席。自民党議員は地元からの1名だけが出席していました。

 セレモニーでは、上田知事から「この施設で得た、トマト栽培の技術をしっかりと農家に普及しなければ意味がない(施設をつくった)」と挨拶があり、来賓のイオン執行役員からは「ここで得た(トマト栽培に関わる)ノウハウ、成果などを農業従事者に広くオープンにして、情報提供をしていく。」との挨拶がありました。

 既に一部は始まっていますが、ここでの栽培技術が地元トマト栽培農家に生かされ、地元農業振興につながるよう見守っていきます。







[PR]
# by baribarist | 2017-06-04 23:59 | 埼玉県
祝 「東鷲宮西停車場線」延伸部分開通
d0084783_22365923.jpg
(写真:昨日開催の「東鷲宮西停車場線延伸道路開通式」において)

d0084783_22372102.jpg
(写真:昨日開催の「東鷲宮西停車場線延伸道路開通式」において)
d0084783_22364623.jpg
(写真:昨日開通した東鷲宮西停車場線延伸部分(今日撮影))
d0084783_22363536.jpg
(写真:昨日開通した東鷲宮西停車場線延伸部分(今日撮影))

d0084783_22371168.jpg
(写真:昨日のテープカットにおいて)

 今日もいくつかの総会に出席しました。まだまだ総会シーズンは続きます。
 
 ところで、昨日は、JR鷲宮駅西口ロータリーから鷲宮と西大輪を通る、東鷲宮西停車場線の延伸部分の開通式がありました。
 雨天でしたが、地元地権者やご協力を頂いた皆様が出席し式典は行われました。

 同線は、これまで県道さいたま栗橋線で止まっていましたが、合併前の鷲宮町が道路延伸を計画し合併後の久喜市もそれを引き継いで、延伸に努力をしていました。
 完成した延伸部分は、535m、道路幅員は9m(車道:6m、路側帯は両側に1.5mずつ)です。
 市では、東鷲宮駅西口周辺を都市計画マスタープランなどの計画で「住みやすいまち」を目指して重点的に整備を進めていましたが、延伸部分の開通で同地区の交通利便性はかなり向上します。
 同地区は、東武伊勢崎線と県道さいたま栗橋線などに挟まれるような形になっており、迂回をしないと幹線道路に出られない不便な部分もありましたが、今回の延伸部分開通でかなり状況が改善されました。
 
 同延伸部分の開通をお祝いするとともに、交通の安全をご祈念いたします。






[PR]
# by baribarist | 2017-05-27 23:02 | 久喜市
フランス新大統領選出 H29年5月8日(月)
d0084783_23085089.jpg
(写真:久喜市スポーツ少年団総会にて(ふれあいセンター久喜))

d0084783_23090258.jpg
(写真:れんげ祭り式典会場にて(久喜市所久喜地内))

 土日は、市内各団体総会やイベントへの参加がありました。ゴールデンウイークといっても連休などとは縁はなく、各日、充実した活動日でした。

 ところで、昨日のフランス共和国の大統領選挙では、39歳の元経済産業デジタル相で中道・無所属のエマニュエル・マクロン氏が当選しました。フランス共和国のEU加盟存続を訴えたマクロン氏の当選は、日本経済・埼玉県経済にとっても朗報といっても良いと思います。ただ、6月に予定されている国民議会議員選挙において、親マクロンの議員がどれだけ当選するかで、明暗が分かれるかも知れませんので余談は許しません。
 明日には韓国大統領選挙、来月はイギリス総選挙、それ以降はドイツ連邦議会選挙などもあります。今年は世界の選挙情勢からも目を離せない年です。

 埼玉県内でも今年は、まだまだ多くの選挙が予定されています。
 今週から始まったさいたま市長選挙、和光市長選挙は5月14日(日曜日)が告示、松伏町長選挙5月9日(火曜日)告示、志木市長選挙6月4日(日曜日)告示、杉戸町長選挙7月4日(火曜日)告示、長瀞町長選挙7月4日(火曜日)告示、飯能市長選挙7月2日(日曜日)告示など。今年は秋まで首長選挙が、続きます。


 

[PR]
# by baribarist | 2017-05-08 23:59 | 政治
未成年者飲酒防止キャンペーン H29年4月18日(火)
d0084783_19500628.jpg
d0084783_19502350.jpg
d0084783_19503460.jpg
d0084783_19510418.jpg
(写真上4枚:今日の「未成年者飲酒防止キャンペーン」のもよう。(上から3枚目は、ご本人の了承を得て写真を掲載しています。))

 総会と地元の課題課題解決、相談への対応で行ったり来たりしています。

 今日は、朝から毎年恒例の春日部小売酒販組合鷲宮支部の主催による「未成年者飲酒防止キャンペーン」でした。久喜市内の東武鉄道、鷲宮駅西口で開催しました。
 市内で小少年育成に関わる団体の皆さんと県立鷲宮高校女子バスケットボール部の皆さんで、キャンペーンの趣旨が書かれた紙を入れたポケットティッシュを配布しました。
 
 このキャンペーンは、同支部が酒類を購入する場合に年齢確認を行うことを周知することと、未成年者による飲酒は禁止されていることを周知する目的で開催されました。
 小雨が降る中ではありましたが、皆さんが「おはようございます」とともに一斉にポケットティッシュを配布しました。
 
 その後、日中は県道の要望箇所の確認や相談、夕方は久喜地方地区交通安全協会久喜支部の総会でした。
 総会資料を見て、事業報告の内容が何と充実していることか。同協会同支部の皆さんは、交通安全教室の開催や交通安全運動をはじめ毎月、市内の様々なイベントで複数回、交通安全のための活動をしています。
 本当に頭が下がります。




[PR]
# by baribarist | 2017-04-18 20:15
桶川市長選挙 小野氏祝当選 H29年4月9日(日)
d0084783_17294883.jpg
d0084783_17303109.jpg
(写真上2枚:今日、市内で開催の「久喜市市民大学・大学院の入学式並びに始業式」)

d0084783_17301501.jpeg
d0084783_17305608.jpg
(写真上2枚:今日告示した「桶川市長選挙」に立候補した現職の小野克典氏を応援。桶川市内にて)

 今日は、桶川市長選挙に立候補した小野克典市長の出陣式や各団体の総会、久喜市市民大学・大学院の入学式並びに始業式、相談者と面談やお囃子練習会などがありました。

 久喜市民大学・大学院には、今年度は大学に16名、大学院に1名が入学されました。
 私は壇上でご挨拶をしましたが、新入生の皆さんの一人ひとりの眼差しがとても真剣で壇上に熱意が伝わってきました。
 皆様にとり、充実した学生生活となりますことをご祈念申し上げます。

 ところで、今日、桶川市長選挙に再選を目指して立候補をした現職の小野克典氏とは、互いに市議の時からの友人です。私が2期目の時に桶川市議会議員選挙に初立候補、以来、応援をしています。
 私が代表を務めた青年地方議員の会にも長年、席をおいて下さり共に勉強などもしてきました。
 かれこれ20年来の友人になりますので、共に酒を飲んだり色々な話をします。
 小野氏の素晴らしい所は、とても和やかな語り口で会話をする中にも政治家としての信念の強さが伺える所です。
 また、常に他者への感謝を口にして、相手を思いやる人です。
 政治家としての嗅覚・センスも抜群で時事の課題に果敢に取り組んでいます。

 今日は、午後5時の時点で他に立候補を届け出る者がなく、桶川市長選挙は無投票で小野克典氏の再選が確定しました。
 誠におめでとうございます。
 小野市長は、これからも行政手腕を発揮して、まちづくりに全力で取り組まれると思います。
 今後の桶川市の益々のご発展をご祈念いたします。





[PR]
# by baribarist | 2017-04-09 17:59 | 埼玉県
ブルーフェスティバルが始まる前に H29年4月2日(日)

d0084783_19524250.jpg
d0084783_19521806.jpg
(写真上3枚:県道川越栗橋線の久喜市菖蒲町新堀で取り替えた落下防止柵)

d0084783_19524526.jpg
(写真:今日の清久さくら祭りにて)

d0084783_19522452.jpg
(写真:今日の春の舞踊会にて)

 先週は、長かった2月定例会が終わったというのに、その後の色々な処理や会議で多忙が続きました。

 今日は、朝一の春季野球大会開会式から催事や総会で7件。色々な皆様と出会い、お話ができて充実していました。

 ところで、写真の3枚は久喜市菖蒲町新堀の県道川越栗橋線に設置されていて、交換をした落下防止柵です。
 菖蒲地区では、20年以上、地域の皆様で「ブルーフェスティバル」を開催しています。皆様がラベンダーや菖蒲を大切に植え、育てています。
 同フェスティバルは、例年、6月に3週間ほど開催され、広く県内外から多くの観光客が訪れます。
 新聞のほかNHKや民放でも取り上げられるほど、美しく咲き誇るラベンダーや菖蒲が綺麗で見事です。埼玉県を代表する花祭りと言っても過言ではありません。

 しかしながら、昨年、同フェスティバルの関係者の方から、菖蒲園と駐車場がある菖蒲城址近辺の落下防止柵がサビていてひどいとの情報とお困りの声を頂いていました。
 落下防止柵とは、歩道から田んぼに落ちないように設置されているものです。実際に見たところ、本来は白いはずの柵がほとんどサビて赤茶けていました。腐食も進み、見た目が悪い上に強度も保てないようでした。
 せっかく訪れた観光客もがっかりだと思いました。

 そこで、今年のブルーフェスティバルが6月4日から25日まで開催されることから、このイベントが始まる前に落下防止柵の交換を県に依頼し、先月、工事が完了しました。全長150m、綺麗になりました。
  
 多くの皆様のブルーフェスティバルへのご来場をお待ちしています。





[PR]
# by baribarist | 2017-04-02 20:14 | 久喜市
「石川ただよし県政報告会」H29年3月20日(月)
d0084783_21575105.jpg
d0084783_21580497.jpg
d0084783_21581787.jpg
(上写真3枚:昨日の「石川ただよし県政報告会」において)


d0084783_22082658.jpg
d0084783_22124363.jpg
(写真上2枚:昨日朝の「第2回久喜市民マラソン」)

 先週も毎日、予算特別委員会の審査やそれに伴う調査でした。金曜日から昨日は市内認定こども園・幼稚園等の卒園式に出席しました。
 昨日は、第2回久喜市民マラソンの開会式から始まり、夕方からは私の県政報告会でした。

 会場には、ご来賓のほかに市議、一般の方々、地域や団体を代表する皆様がお越しくださいました。
 県政報告会にご参加いただいた皆様に、心より御礼を申し上げます。
 また、お手伝いを頂いたスタッフの皆様にも、心より御礼を申し上げます。

 今回もパワーポイントを使って、約60分強、埼玉県の来年度予算案の概要や予定されている事業などを報告させて頂きました。
 報告会閉会後には、会場にお越しいただいていた方々から励ましの言葉や県政に関するご意見も頂きとても実りある会でした。

 明日から、また予算特別委員会が再開します。明日は知事に直接、質疑を行います。
 

[PR]
# by baribarist | 2017-03-20 22:29 | 久喜市
農業用菅水路の更新順調(栗橋地区) H29年3月3日(木)
d0084783_16383535.jpg
d0084783_16385981.jpg
d0084783_16384443.jpg
d0084783_16390669.jpg
(写真:久喜市佐間(栗橋地区)の農業用菅水路工事現場)
d0084783_16385374.jpg
(写真:アスベストを含んでいて交換をするパイプ)

 報告が遅くなりましたが、先月、時間を見て久喜市の栗橋地区の佐間、間鎌で継続している古い農業用水路を新しい管路に交換する作業現場を視察しました。
 この事業は、田に水を通す水路(地下)の老朽化対策とアスベスト対策を行い、災害時でも農業生産性を下げることなく農業生産を安定させるために埼玉県が進めているものです。老朽化のため、これまでも水路が水漏れするなど効率性・経済性が低下していました。

 この日は、所管する加須農林振興センター職員と事業を請け負う業者からの説明を受けて「おおしか保育園」から幸手方面に向けて現場を確認しました。
 作業は、田の側線に埋まるこれまでの水路を約2m掘り、アスベストが使用されていない新しいものと交換するものです。
 田を使用しない冬から田植えまでの時期に、集中して工事を行います。
 工事後は、これまで通り耕作できることはもちろん、農業用水を効率的に田に供給するとともに災害に強い農業となることが期待されます。
 この日も順調な工事の進捗を確認しました。

 来年度は、さらに東側に事業を進める予定です。

[PR]
# by baribarist | 2017-03-03 17:00
「ハローワーク浦和・県就業支援サテライト」など視察 H29年2月23日(木)
d0084783_16511362.jpg
d0084783_16520331.jpg
(写真2枚:ハローワーク浦和・就業支援サテライトの「セカンドキャリアセンターさいたま」(シニアコーナー))
d0084783_16514746.jpg
d0084783_16512857.jpg
(写真2枚:ハローワーク浦和・就業支援サテライトの「ヤングキャリアセンター」(若者コーナー)
d0084783_16521445.jpg
(写真:彩の国犯罪被害者支援センター)

 月曜日に埼玉県議会2月定例会が開会して、大忙しです。
 今日は、午前中に会派「無所属県民会議」で議案についての深堀り勉強会。午後も会派の仲間で、会期中視察として「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」と「彩の国犯罪被害者ワンストップ支援センター」を視察しました。両施設とも武蔵浦和駅至近のラムザタワー3階にあります。

 「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」は、平成24年から国の特区制度を利用して開始した事業です。相談業務から就業まで切れ目なく、かつ細かく支援することで求職者のニーズに応えようというものです。
 ここには、国の「ハローワーク」、女性や母親、若者のための就業支援窓口・コーナーがあり、県の女性、若者の就業支援窓口・コーナーと連携をして就業に結びつけています。
 また、県が独自に中高年やシニア、福祉関係の人材の就業支援窓口・コーナーを設け実績をあげています。生活相談なども受けつけています。初めに総合窓口で相談し、それぞれに分かれた適した各窓口で個別の相談をする所から始まります。
 「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」は、単なる就業支援窓口としてではなく、働きたい方々がその技能を身につけるための研修やセミナーも絶え間なく開催し、就業しやすく支援もしています。
 今日も女性や若者が多く、訪問していました。
 さらなる埼玉県の就業環境の改善に期待します。

 「彩の国犯罪被害者ワンストップ支援センター」は埼玉県と埼玉県警、公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センターの三者が連携し、犯罪被害者の支援などを行う総合的な窓口です。
 警察に被害届が出たものについては、直接、警察から同センターにつなぎ、被害届が出ていない場合でも被害者からの相談・支援につながる仕組みです。
 県の精神保健福祉士と社会福祉士の有資格者1名、県警の臨床心理士3名も所属しています。
 被害者やその家族に対して、病院や公判などへの付き添いや精神支援、経済的支援などを各部署が横断的に支援を行います。

 女性が性的犯罪被害にあった場合には、被害届が出た場合には警察が直接、相談にのり警察職員などが本人に代って病院で事情を説明したり最大限、人権や精神的負担に配慮をして支援を進めるということです。
 被害届が出なかった場合には、公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センターの職員が相談を聞き、カウンセリングや付き添い、経済的支援の申請補助、県の各犯罪被害者支援制度をつなぐということです。
 こうした制度の活用と、さらに犯罪被害者を守る・支援する仕組みの活性化で被害者の負担軽減につながります。



[PR]
# by baribarist | 2017-02-23 17:45
   

埼玉県議会議員の「石川ただよし]が、埼玉県・久喜市のちょっとしたニュースとコメント、自身の日記を公開
by baribarist
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> ファン
> ブログジャンル