> ブルーフェスティバルが始まる前に H29年4月2日(日)

d0084783_19524250.jpg
d0084783_19521806.jpg
(写真上3枚:県道川越栗橋線の久喜市菖蒲町新堀で取り替えた落下防止柵)

d0084783_19524526.jpg
(写真:今日の清久さくら祭りにて)

d0084783_19522452.jpg
(写真:今日の春の舞踊会にて)

 先週は、長かった2月定例会が終わったというのに、その後の色々な処理や会議で多忙が続きました。

 今日は、朝一の春季野球大会開会式から催事や総会で7件。色々な皆様と出会い、お話ができて充実していました。

 ところで、写真の3枚は久喜市菖蒲町新堀の県道川越栗橋線に設置されていて、交換をした落下防止柵です。
 菖蒲地区では、20年以上、地域の皆様で「ブルーフェスティバル」を開催しています。皆様がラベンダーや菖蒲を大切に植え、育てています。
 同フェスティバルは、例年、6月に3週間ほど開催され、広く県内外から多くの観光客が訪れます。
 新聞のほかNHKや民放でも取り上げられるほど、美しく咲き誇るラベンダーや菖蒲が綺麗で見事です。埼玉県を代表する花祭りと言っても過言ではありません。

 しかしながら、昨年、同フェスティバルの関係者の方から、菖蒲園と駐車場がある菖蒲城址近辺の落下防止柵がサビていてひどいとの情報とお困りの声を頂いていました。
 落下防止柵とは、歩道から田んぼに落ちないように設置されているものです。実際に見たところ、本来は白いはずの柵がほとんどサビて赤茶けていました。腐食も進み、見た目が悪い上に強度も保てないようでした。
 せっかく訪れた観光客もがっかりだと思いました。

 そこで、今年のブルーフェスティバルが6月4日から25日まで開催されることから、このイベントが始まる前に落下防止柵の交換を県に依頼し、先月、工事が完了しました。全長150m、綺麗になりました。
  
 多くの皆様のブルーフェスティバルへのご来場をお待ちしています。





[PR]
by baribarist | 2017-04-02 20:14 | 久喜市

埼玉県議会議員の「石川ただよし]が、埼玉県・久喜市のちょっとしたニュースとコメント、自身の日記を公開
by baribarist
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
> ファン
> ブログジャンル