> 2020オリンピック・パラリンピックを県文化事業が後押し H28年11月20日(日)
d0084783_20495455.jpg

(写真:栗橋やさしさ・ときめき祭り会場にて)

d0084783_20491737.jpg

(写真:2020年東京オリンピックに向けたキックオフイベント会場にて SAITAMAPRIDEのスペシャルアンバサダーに認定式)

d0084783_20493396.jpg

(写真:同会場での鷲宮催馬楽神楽の舞(照度や撮影距離の関係で鮮明な映像になっていないことをお詫びします。))

 今週も視察などが相次ぎました。
 今日は、午前中に来賓としてご招待を頂いている3件の催事に出席。
 午後は、急ぎさいたま市のソニックシティーに行き、2020年東京オリンピックに向けたキックオフイベントに来賓として出席。
 久喜市から参加の催馬楽神楽などを鑑賞しました。約1年ぶりに拝見しましたが、相変わらずの圧巻の素晴らしい舞でした。

 このキックオフイベントは、埼玉県が2020年オリンピック開催に向けて文化面からも後押しするために催したもので、「スポーツだけでなく文化の祭典でもあるオリンピック・パラリンピック競技大会。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、県では様々な文化事業を展開していきます。
 キックオフイベントはそのスタートを告げる記念イベントであり、東京2020公認文化オリンピアードとして実施します。県内の伝統芸能や次世代を担う若者のパフォーマンスなど埼玉の文化の魅力をぎゅーっと濃縮してお届けします。」(県HPより)ということです。

 イベントでは、和太鼓や県内の伝統芸能、さいたまゴールドシアターの紹介、高校生による書道やダンスのパフォーマンスもありました。
 また、冒頭にはSAITAMA PRIDE スペシャル・アンバサダー認定式があり、 村田諒太氏(プロボクサー/ロンドンオリンピック金メダリスト)とベイカー茉秋氏(リオデジャネイロオリンピック柔道金メダリスト)が認定されました。

 東京オリンピックでは、埼玉県内も4競技の試合会場になりますが、文化の面からも後押し、リードすることを期待しています。
[PR]
by baribarist | 2016-11-20 21:00 | 埼玉県

埼玉県議会議員の「石川ただよし]が、埼玉県・久喜市のちょっとしたニュースとコメント、自身の日記を公開
by baribarist
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
> ファン
> ブログジャンル